PR

好きなリンク先

最近のトラックバック

クリスマス打ち上げ花火ブログパーツ

出産祝いならギッフィーベビー

« こうすれば病気は治る | トップページ | 頭は昭和52年 »

サバイバル

2009・7・4

 近所のコンビンニで何気なく手にした。さいとうたかをの作品は昔から「ゴルゴ13」しか読まないと決めていたが、まさか1976年から1978年まで書いた作品とは知らなかった。SPコミックスの方から読んで文庫版「アナザーストリー」に入った。

 とにかく面白い、一気に読んだ。30年以上前に書かれた物だが、古さはぜんぜん感じない。今は環境問題、エコが時代の流れ、社会の流れだが、その根っこは30年以上前に始まり、昭和48年に小松左京「日本沈没」が発表、「ノストラダムスの大予言」、人口爆発など、公害問題、今と似たような時代であった。しかし今に比べると多少不安を煽っていた気もする。確か経済も第二次オイルショックの影響で低迷していた記憶がある。省エネの時代の幕開けでもあった。しかしいつの間にか、時代の影に埋もれてしまった気がする。そして近年、環境、エコと地球温暖化を真剣に考えるようになった。オチャン的に今度はもう時代の影に埋もれることはないと思う。

 おちゃんの記憶に間違いがなければ、地球温暖化という言葉が出てきてから、環境問題、省エネ、、エコと真の意味で真剣に考えるようになった気がする。もうこの人は以前のように、環境問題を忘れるという、脳天気な時代は終わりを告げねばなるまい。

 もし大地震、天候の激変、感染症の大流行が起きて、国が崩壊し、何もかも失ったとき、日本人は生きていけるだろうか。考えたくはないが現代に日本人特に若い人ほど、生きていけないだろう。汲み取り便所に耐えられるか、風呂は十日に一辺でも耐えられるかラジオだけの生活に耐えられるか。大人も含めて昭和30年以降に生まれて人はどれだけ辛抱できるだろう。第一生活の知恵というものが、現代日本人には決定的に不足して入る。楽に慣れすぎ、便利すぎる生活、生活の知恵がない人ほど、生き延びていくことは困難と思う。

 「アナザーストーリー」は北朝鮮を彷彿させるが、戦前、船中、戦後の混乱した社会を見てきた世代は、人間食うことが困難になると易々と自由を手放し、自分の生活を守るためには独裁を許すことになることを知っている。それを見てきたさいとうたかをだから描けたと思う。今だから「アナザーストーリー」を理解できるが(独裁国家というものを見てるから、そして崩壊も)、1976年から1978年の時点で戦後生まれは、現実の物としてどれだけ理解できたろうか。おちゃんは思う、サバイバルの技術も大事だが、あまりにも楽、便利さに慣れすぎた生活、過去にもどれとは言わないが、身近な日常生活を見直して一手間かけることをしても良い気がする。布おしめを使う、洗濯機を使わない、鍋で飯を炊く、魚は切り身を買わない、繕い物をする、テレビを見ない、貯蔵食品を作ってみる。車を使わず自転車にする。携帯は使わない。食い物以外手作り出来る物はするとか。

 この作品は30年前より現代の方はタイムリーな作品として、一読すべき作品である。当初は少年マガジンに連載されていたが、もう少年漫画の範疇を超えてあらゆる世代に読んでほしい。

« こうすれば病気は治る | トップページ | 頭は昭和52年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サバイバル:

« こうすれば病気は治る | トップページ | 頭は昭和52年 »

PR2

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ