PR

好きなリンク先

最近のトラックバック

クリスマス打ち上げ花火ブログパーツ

出産祝いならギッフィーベビー

« 三笠フーズで考える | トップページ | 最低賃金で考えること »

資格について

2008・9・12

 このごろ余裕が出てきたせいか、法務実務の第3章第1節まで問題集まで進みましたが、受験まで間に合うかわかりません。昨日も学校の役員会で8:30まで。今日は余裕があると言いながらついついゴロゴロいけませんね。ところで世間では資格を置く持っている人に対して資格マニアとか、使わなければペーパードライバーと同じという人がいます。そうでしょうか?資格が取れるだけの頭があることを誇りにしても良いし、そんな人をもっと評価してもいいはずです。たしかに使わなければ意味がないのは分かります、しかしそれだけ知識の幅がある、ある面に置いては理解が深いとか、評価してもらえないかと感じます。たしかに資格でご飯が食べられたら良いに決まってますが、世の中そんなにうまくいきません。資格をただご飯を食べる道具に考える人はそう考えるかもしれません。だんなもそうですから。しかし人として幅を作ると言う考え方から取ると言う考え方で取ってもいい、自分のため、頭を活性化するそれでも言い、何でもかんでも金勘定で考えると楽しくないです。私は自分の為に資格を取ってますから、難しくても苦しくありません。

 メンタルヘルスマネジメント検定を知ってますか。これまだ新しい検定で大阪商工会議所が主催です。昨日自殺予防の日でした。この資格は労働の現場での「心の健康」づくり、危機管理の一環でもあります。過重労働によって自殺、精神疾患になって職場を去る、去らなくても思わぬ事件、事故に繋がるそれを予防することを目的にしています。法律実務を知る前から知っていたので最初メンタルヘルスマネジメントを取ろうかと考えましたが、試験が仙台なので断念しました。しかしⅢ種は法律実務より取りやすいと思います、合格率も80%前後、テキストも読みやすいです。しかし問題集は市販されていないので地方の人は日本マンパワーの通信、産能の通信しかないです。しかし料金は安いです。

 検定を受けなくても心の健康が蝕まれると、身体、労働にどんな影響が出るか、どのように対処すればいいのか、メンタルヘルスの知識、疾患を持った人に対する配慮の仕方、医療機関との連携の仕方、労務の立場、コンパクトに書かれているのでいろいろな本探して読むより手っ取り早いです(Ⅱ種)。それから興味のある分野のメンタルヘルスの本を読んでもいいと考えます。Ⅲ種は自分でのストレスの気づきに付いて書いたものです。どうしてもストレスは避けられませんが、Ⅲ種のテクストはストレスについて詳しく書かれているので、ストレスとは何か、どうすればいいのか、単純にストレスとはなんだろうと知りたい人にもいい本だと感じます。

« 三笠フーズで考える | トップページ | 最低賃金で考えること »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資格について:

« 三笠フーズで考える | トップページ | 最低賃金で考えること »

PR2

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ