PR

好きなリンク先

最近のトラックバック

クリスマス打ち上げ花火ブログパーツ

出産祝いならギッフィーベビー

« 年金特別便・学習状態 | トップページ | 腹の調子が悪い »

絵日記

2008・9・29

 著者の山中和子さんと母の共通項があり興味を持って読みました。著者は母より五歳下で神戸生まれ、母は大阪の高見町で生まれ、著者の日記が書かれた頃は戦後母の兄弟が闇屋をしていたので靴の買出しに学校を休んで神戸へ行ってました。

 たぶん弘前に来なければ著者と似たような生活をしただろうなと思いました。驚いたのは毎日きちんと絵に日記を書いたこと、それも丁寧に絵が書かれ文章も長いこと、その間にお手伝いもするんですからすごいです。小さい頃よく母に「おかあちゃんの子供の頃は畑ばかりやっておめだじみたいにゴロゴロしたごとね」と言われました。たしかにその通りしかし母も小さいとき手伝わされたせいか、あまり手伝いなさいと言いませんでした。

 母の戦争中の日記が残ってますが、文章表現は同じです。目上の人には丁寧な言葉を使うことです。戦後も戦前の教育が残ってる人たちはしばらくこのような文章表現をしたのでしょう。いつの時点からこのような表現がなくなったか分かりませんが、長幼の序を重んじた時代だなと分かります。「細雪」の中でも幸子の娘悦子の書く作文が出てきますが同じような文章表現です。祖母が戦前戦後しばらくの母たちの学校で使ったノート、便箋、葉書を残してましたが、紙質が非常に悪く消しゴムで消すと敗れるか、薄くなって鉛筆で書けない書きにくいと感じました。クレヨンも今のクレヨンと違って、ろうそくがクレヨンになったみたいですから非情に硬く、力を入れたらボキンと折れる感じで塗りつぶすのは大変です。今でも硬いクレヨンがあると思います。ボヘミアンが保育所で使っていたのは硬かった、柔らかいと色が手に付くからだと思います。ですから思った以上に大変な作業です、それを毎日してるすごいです。

 字も大変上手でだんだん上手になっていく様子が分かります、戦前の子供の字の特徴は字がとてもうまいこと、そして丁寧なこと、しかし突然うまくなったかと思うとどういう訳か子供っぽい字になったり統一感が無かったりしますが。今の大人の字は戦前の小学生以下です字が汚くて。食べ物が多く出てくること畑で作った、パンをおいしくいただくとか、食べ物に対して敬意が込められてる、小学生が農作物のできを天気を気にしながら心配する今だったら考えられない。食べることがすべてに直結してんだなと感じました。

 自分たちで作り、天気を心配しながら収穫を心配し、おいしくいただく、食べ物に感謝である。今は最初からあって当たり前で逆にどこ産の野菜とか、賞味期限とか、どうでも言い事ではないが食べもしないうちから細かい、食べ物にけちを付けながら食べるおかしくないか。作るほうにも問題があるからけちを付けるが、しかし目の前に当たり前に存在する食べ物、作る、運んでくる、売る、膨大な手間、コストがかかっている、当たり前がいかに大事か、平和だから当たり前で、平和でなくなれば当たり前なんて吹っ飛んでしまうのです。ボヘミアンもよく当たり前と言う言葉を使うので頭に来るから「簡単に当たり前と言うな、当たり前の生活できない人いるんだぞ」と怒る事もあります。

 本の腰巻にはノスタルジックな文章書いてありますが、そんなモンじゃない食うのが大変だった。今の小学生ここまで食い物に心を砕くでしょうか。リアルタイム小学高学年と60年前小学高学年比べるのにちょうどいい本です。ボヘミアンは帰ってくれば冷蔵庫を開けて、お菓子の袋を開けて、食べ物を探してゴロン、漫画、ゲーム、戦後しばらくたってから生まれた子どもたちはみんなこんなもんです。昨今のガキとの違いはゲームくらいで、昭和30年以降に生まれた世代は作ることはしないでもっぱら消費するほうですから。ボヘミアンを見てると40数年前の自分と同じで、ガキ自体が進歩してないです。もしタイムマシンがあって、自分が小学6年のときに戻って、それから40年前に戻ると大正になる、考えると生活できない、金持ちに生まれると別だけど、漫画ないし、テレビないし、お菓子は高いしなんて考えると今に生まれてよかったのかなと考えたりします。

« 年金特別便・学習状態 | トップページ | 腹の調子が悪い »

.絵本・児童書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵日記:

« 年金特別便・学習状態 | トップページ | 腹の調子が悪い »

PR2

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ